宮城県石巻市の歯医者 佐藤歯科医院 予防・メンテナンス ホワイトニング 義歯 入れ歯 インプラントなら佐藤歯科医院にお任せください!

医療法人社団 佐藤歯科医院 インプラント研究所・金属床義歯研究所

義歯

義歯とは

義歯とは
義歯は決して見た目だけのためのものではありません。
せっかく義歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。
また、義歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。
当医院では、レジン床のものでも可能な限り薄く違和感のないように作っておりますが、素材的に限界があるため、主に金属床義歯をおすすめし、咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための義歯を提供できるよう、力を注いでおります。これから、義歯を検討している、または義歯を利用しているが、自分に合っていないようだ・・・などございましたら、お気軽にご相談ください。

保険の義歯と自費の義歯の違い

保険の義歯

最大のメリットは治療費用が安いことです。
基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという義歯の基本的な機能については変わりません。

自費の義歯

機能・審美性共に優れ、豊富な素材の中から選択することができます。
費用がかかることが難点ですが、それだけに装着感や見た目は義歯と思えないほど自然です。

レジン床義歯

レジン床義歯
材質が弱いために、やや床が厚くなり、口の中で違和感があります。また、プラスチックは水を吸う性質があるので、汚れやすい材質といえます。

レジン床

保険適応可
保険で使用される一般的な入れ歯です。
プラスチック製ですので、割れないようにどうしても、ある程度の厚みが必要になります。また、熱も伝わりにくいです。
当医院では、可能な限り薄く違和感がないように作っていますが、材質的に限界があります。

薄くて快適な「金属床義歯」

金属床義歯
「どんなに良い物を作ってもどうせもたないから保険で・・」と、ぶ厚い義歯であきらめていませんか。
おいしく味わえるのも、快適に話せるのも人生の楽しみです。
薄いために口の中に入れても違和感が少なく、物を食べたときに熱がよく伝わります。
丈夫で補修もできるので長期間使用できます。

コバルトクロム床/ニッケルクロム床

丈夫な金属を使うことにより、保険入れ歯の約1/3~1/5の厚さで熱の伝わりもよく、快適な状態で永くお使いいただけくことができる入れ歯です。

ゴールド床

貴金属は腐食による変色が起こらず、精密な加工がしやすい金属です。
適合もよく体に優しい金属です。
他の金属床に比べると多少重くなリますが、金や白金を使用することにより、良質な熱の伝導性とともに、食事をおいしくいただくことができます。

チタン床

近年、眼鏡やインプラントなどに使われている最先端金属です。
クロム床よりさらに薄く、非常に軽いだけでなく、アレルギー反応を起こしにくい体にやさしい金属です。
最も薄くなります。

「保険」の入れ歯に満足の出来ない方に

療養費制度

厚労省は、より薄く、より強度があり、より適合の良い義歯を望まれる方には、総義歯の金属床に限り、自費診療分から約4万5千円程度割引ける保険外併用療養費制度を設けています。
金属の薄くて軽く、丈夫という特性を生かし、かつ違和感のない吸い付きの良い入れ歯を作るのには高度なテクニックが必要です。自費診療での義歯作製には、保険診療によるレジン床のおよそ10倍以上の治療時間(当院比)と技工料、材料を要します。財政の事情から局部義歯(歯がある顎に入れる義歯)については、残念ながら療養費制度は適用されません

適合の良い金属床義歯

金属床義歯は、特殊なロウを使用し、しっかりした型取り、咬合の採得をすれば長期に違和感も少なく、将来、多少痩せても微調整ですんでしまいます。
よい入れ歯は噛めば噛むほど吸いつき、痩せにくく、また噛む力も増やしていきます。当然、脳の活性化やダ液の分泌が促進され、おいしく食べることができます。
金属床の設計には、現在のお口の状態から今後起こりうる状況の変化を予測して修正、修復出来る様計画します。またインプラント治療との優位性の比較、又は併用等を検討します。

長持ちし違和感をなくす型取り

金属床には全症例コンパウンド機能印象法を、下顎の部分入れ歯にはアルタードキャスト法(噛み込んだ時、入れ歯の沈み込みを少なくする型取り法)を用い、よりゆるみのない義歯を作製します。
型取りの最終段階では、患者さんご自身で義歯の吸着を確認して頂いてから作製いたします。

個性的な歯並び

保険義歯の7割が技工料金と材料費とされていますが、自費診療においては、個性にあった歯並びを一本一本、納得がいくまで綺麗に並べることが出来ます。
以前歯が揃っていた頃の写真があれば参考になります。

定期的なメンテナンス

義歯には時間の経過とともに、歯肉の痩せ、沈み、或いは噛み合わせの変化によるぐらつき等様々な問題が起こります。
金属床義歯が保険診療での義歯と比べて数倍歯ぐきの沈下や、留め金を架けている歯への負担が少ないとはいえ、装着後は定期的なメンテナンスをお勧めしています。噛み合わせのチェックや残存歯の清掃等で、義歯は格段に長持ちします。もし裏打ちによる修正が生じた場合は、総義歯の場合、約5千円程で元の噛み合わせに戻ります。多くは翌日お返し出来ます。

ブレードティース

ブレードティース
オプション選択可
総義歯学の大家、B.レービンやソーシンが考案した咀嚼効率を高める刃のついた人工歯。上顎の奥歯に埋め込むことにより、今まで噛み切れなかった線維性の食べ物がよく噛めるようになります。その分歯肉への負担が軽減され、歯ぐきの痩せ防止に繋がります。希望により各種ブレードティースを選択します。

金属床義歯のメリット・デメリット

金属床義歯のメリット

  • 丈夫でたわみが無いので適合が良い
  • 熱さや冷たさを感じ、おいしく味わえる
  • 薄いので発音がしやすい
  • おう吐感が少なくなじみ易い
  • 臭いがつかなく、味に変化がない
  • 歯や歯肉に負担のない設計が出来る
  • 保険外診療なので材料や時間に縛られない治療が出来る
  • インプラントと比較して審美的回復が容易
  • インプラントと比較して外科的侵襲がなく修理可能

金属床義歯のデメリット

  • インプラントと比較して咀嚼力、違和感、安定感が劣る
  • 保険診療と比較して高額
  • 保険の義歯作製より診療時間がかかる
半年毎の検診と調整で、快適に過ごされることを願っております。
今後の治療計画、治療方針、費用等で何かお聞きになりたいことがございましたら、ご遠慮なくご相談下さい。

ソフトデンチャー

ソフトデンチャー
シリコンやポリフィン系の柔らかな弾性素材を使用するため粘膜に優しく、口腔内にフィットします。

シリコン床

主にあたりが出やすい下顎の総義歯に使用します。

フィンデンチャー

魚のひれの様な性状をもつ薄く柔らかな、舌ざわりの優れた入れ歯です。
貼り替え可能です。

義歯の清掃について

義歯(入れ歯)の清掃について
歯にプラークが付着し、しばらくすると歯石ができるように、義歯にもプラークや歯石が付着します。
義歯を掃除しないと歯間に食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。
【義歯の清掃ポイント】
①食後は流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。
②就寝前は洗浄剤を使用した水につけておく。

義歯を磨く時は、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするように心がけましょう。