宮城県石巻市の歯科医院 佐藤歯科医院 インプラント 金属床義歯 義歯 入れ歯 予防 予防歯科 ホワイトニング 
 
 
 
 
  インプラントは、自分の本当の歯のように強く咬むことができ、機能的にも審美的(見た目)にも非常に優れているすばらしい治療法です。その反面、手術が必要であり、治療期間も長くかかり費用も高額になってしまうという
デメリットもあります。当医院では、インプラントの機能的な面を重視し、あくまでも正しく咬み合わせをするための治療法のひとつと考えます。
 
 
  インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、白分の歯のように噛めるようになります。インプラント治療を行うことで、治療後の噛む機能が正しく改善されると思います。慣れるまでは多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものです。でも、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯の歯根と同様に機能します。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。
 
   
 
  従来のブリッジで治療する場合には、隣の健康な歯を削らなければならないだけでなく、装着後もずっと隣の歯に負担をかけてしまいます。
人工の歯根を埋め込み独立した歯を装着するので、隣の歯に負担をかけないばかりでなく、自分の本当の歯のように力強く物を噛むことができ、見た目も自然で美しく仕上がります。
 
 
  失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により治療法には様々な
選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん患者さんに無理のない衛生管理な
どを含め総合的に検討したうえで治療計画が立てれます。
 
 
 

歯茎を切開し、
インプラントを埋め込みます。

 
 
  一次手術後、3〜6ヶ月の治癒期間をおくことで、
インプラントと骨が強い力で結合します。
(オッセオインテグレーション)。
この期間仮の歯を使用できることもあります。
 
 
  歯茎を開いて人工の歯を取り付ける準備をします。
土台を装着できる場合もあります。
この状態で歯茎が治るまで1〜6週間おきます。
 
 
  歯茎が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて製作しインプラントに
取り付けます。
 
 
 
〒986-0812
宮城県石巻市東中里2-3-3
TEL:0225-96-8778
   
 
 
月・火・水・木・金・土
午前  9:00〜12:30
午後 14:00〜18:00
※最終受付は17:00までとなります
 
※木曜と土曜の午後は特殊外来(予約制)なっております。
休診日
※日曜・祝祭日
 
HOME || 院長紹介 || 院内紹介|| 予防 || インプラント|| 金属床義歯 || ホワイトニング || アクセス || サイトマップ || 診療予約
Copyright (C) 2007 satodentalclinic. All Rights Reserved